テガニっき 

テガニっき

5・6年生 ガンプラアカデミア

 5・6年生は、社会の発展学習で、「ガンプラアカデミア」というものを行いました。ガンプラとは、ガンダムのプラモデルです。

 5年生の社会では、工業について学習します。工業製品は、それぞれの工場で工夫して作られていて、使い手が便利に使えるようになっているということを学びました。

 今回は、ガンプラを作って、そこにある工夫に気づこうという学習でした。約1時間ほどで完成することができました。速い人では、10分くらいで完成しました。

 

 

 

 

 作った後は、タブレットで振り返りを書きました。気づいたガンプラの工夫の中には、

・作る時にあまり力がいらないから、対象年齢が6才以上になっている。

・はさみも接着剤も使わなくていいようになっている。

・部品に番号が書いてあって作りやすかった。番号のところが盛り上がっていて、目が見えない人でもわかるようになっている。

・関節の部分が丸くなっていて、動くようになっている。

などがありました。楽しみながらも、作り手側のことを考えることができていました。

 振り返りの後は、写真を撮りました。ガンプラを使って、手賀東小おなじみの、「映える」写真を撮るために、外まで行った人もいます。もみじや二宮金次郎の像、砂場などを使って、思い思いの写真を撮っていました。5・6年生で「ガンプラフォトコンテスト」をする予定です。

 

(6年担任 戸沢)

楽しく運動神経を高めよう 5・6年生

3・4年生に続いて5・6年生も体育サポート教室をしました。

「運動神経は練習でよくなる」

「できないことがあって当然 考えながらやることが大切」

「全部できようとせずにちょっとずつできるようになろう」

そんな言葉がありました。

寒がっていた子どもたちはすぐに暑くなり、半袖半ズボンで活動する子がほとんどでした。

体育って楽しい!!

(5学年担任 丸山)

3,4年生 ゼーゼー,ハーハー

 今日の2時間目,「小学校体育サポート教室」がありました。

準備運動を終えると,早速「体つくり運動」が始まりました。

内容は・・・

・マットでの動物歩き ・ラダーを使ったかけ足 ・ミニコーンをタッチするサイトステップとケンケン

・平均台ををゆっくり前向きや横向きでわたる ことでした。

 子供たちは,トレーナーの先生に言われた注意点を意識しながら,時間いっぱい何度もそれぞれの課題にチャレンジしていました。

そして,休憩後はさらにレベルアップした課題を与えられて・・・

終わったときには,子どもたち全員「ゼーゼー,ハーハー」床に寝っ転がっている子どもたちも・・・

 

 

 

 続いては,ボールスローの基本動作を身につける運動を行いました。

紙鉄砲を使い,体の向きや投げ方のポイントを確認した後,何回も練習しました。

そのうちに,「パーン」と,とってもいい音が体育館に響き渡るようになりました。

 

 最後に柔軟運動を取り入れたゲームをして終わりました。

子どもたちは,基本的な動きを取り入れた運動を楽しく行うことができました。

 

                                       3年担任 山内

 

5・6年生 和音に合わせて旋律を作ろう!

 5・6年生は、音楽で旋律(メロディー)づくりをしています。今回は、好きな音を選ぶのではなく、決められた和音に合う旋律をつくります。

 和音に合わない音を使うとどうなるか、試しに聞いてみました。

「もやもやする!」

「ストレスが……」

という感想が聞かれました。

 和音に合う旋律にするには、和音に入っている音を使うときれいに聞こえることを知り、自分たちで旋律をつくりました。

 タブレット端末で、録音されている和音を流し、ミニキーボードでつくった旋律が合うかどうかを確かめました。みんな、タブレットもキーボードも使いこなしていました。

 

 

(6年担任 戸沢)

2年生 学区探検(旧手賀教会堂)

 本日、3~4時間目に学区探検で旧手賀教会堂に行ってきました。

 手賀地区の子どもたちは2回目の見学でしたが、布瀬・片山地区の子どもたちに、

「これは〇〇だよ。」と説明する姿が見られました。

 

 柏市文化課の方に詳しく説明していただき、とても勉強になりました。

また、

「なぜ修道士ニコライは手賀に来たのですか。」

「なぜ教会なのに家族が住んできたのですか。」

「2回の修理では、どんなことをしたのですか。」

など、多くの質問をすることもできました。

 

今回行った学区探検については、12月から3学期にかけてまとめていきたいと思います。

(2年担任 谷口)

6年生企画の最後の「なかよし遊び」

 11月29日(火)のロング昼休み、6年生が企画する最後のなかよし遊びがありました。

 

 全校の絆を深めるのがねらいなので、色別の4チーム対抗戦で、全学年が協力してレクをしました。

 1つめのレクは、ドッジボールです。高学年が低学年にボールをわたす姿や、必死に逃げたり応援したりする姿が見られました。どのチームもとても盛り上がっていました。

 

 

 2つめのレクは、門番じゃんけんです。1チームが門番になって、他の3チームは、走っていって門番とじゃんけんをします。1列目に勝ったら2列目、とどんどん進んでいき、全部の列の門番と勝ったらゴールです。1回でも負けたら、最初からじゃんけんをやり直すことになります。これも、とても盛り上がりました。

 

 

 最後は、お待ちかねの結果発表です。「イェーイ」という声や、他のチームへの拍手で、とても良い雰囲気でした。

 

 下校の時に、6年生に「楽しかった」、「ありがとう」と言ってくれた下級生もいたと言います。自分たちが企画するなかよし遊びは最後なので、6年生は何回も何回も話し合いや練習を重ね、全員にわかりやすくて楽しいレクになるように、全力で準備してきました。「みんなが楽しく、仲良くなるように」という目標をもって企画したなかよし遊びは、大成功でした。

 なかよし遊びが終わっても、全校で楽しく、仲良く活動できると良いです。

 3学期は、5年生がなかよし遊びを企画します。

(6年担任 戸沢)

2年生 「お話びじゅつかん」を作ろう

 国語「ないた赤おに」で、登場人物がどのように変わったのかを考えました。

今度は、「ないた赤おに」で学んだことを、「お話びじゅつかん」を作ろうという学習で

自分で選んだ本から登場人物の変化を読み取りました。

 一番心に残ったところを絵に描いて、描いた絵の前で本の説明をしたり、質問に答えたりして、

どんなお話なのかを紹介しました。

 発表を聞いている人たちは、紹介された本に興味をもっていました。

(2年担任 谷口)

 

 

 

ふりこが1往復する時間は? 5年生

5年生理科「ふりこの動き」でふりこが1往復する時間は何によって変わるのか予想を立てました。予想するためにまずは、ブランコに乗って調査です。

たくさん漕いで高いところから始めてはかったり、ちょっとしか揺らさずにはかったり。

出した平均値は1往復2.6秒とほぼみんな同じでしたが、

「乗っている人の重さが違うから・・・」

「ちょっとしか揺らさなかったときは速かったような・・・」

実体験を思い出しながら予想することができました。

果たして正解はどれなのか。

今後の実験で答えを調べていきます。

(子供たちはブランコに乗れたことが楽しかったようです。)

(5学年担任 丸山)

情報の時間でタイピング

2学期に入り、全校情報の時間は、150周年記念イベントの発表の準備をしていました。

久しぶりにタイピング検定を実施したところ、全体的に大きく伸びていることに驚かされました。

実際にタイピングが必要な場面が多くあったことで、技能も高まったのだと思います。

これからも、スキルを身につける場面と、実際に活用する場面を併せて行うようにしていきます。(校長 佐和)

書き初め指導 綾部先生をお招きして 5・6年

毎年開催している書き初め指導が今年度もあります。

今年も綾部先生をお招きしてご指導いただきました。

字形だけでなく、筆の運び方や使い方を丁寧に教えていただきました。

「『の』が難しいんだよな」

「そうやればバランスがいいのか」

などの声も上がり、実際に書き上がった文字には拍手が起こっていました。

こんなに間近で指導をしていただければ、美しい文字が書き上がること間違いなしです。

(5学年担任 丸山)

6年生 いよいよ明日は「なかよし遊び」!

 いよいよ明日は、なかよし遊びの日です。なかよし遊びは、全校での絆を深めるために、全学年が一緒にレクをします。今回は、「ドッジボール」と「門番じゃんけん」をします。

 6年生は、道具の準備などの動きやせりふがうまくいくか試すために、なかよし遊びのリハーサルを行いました。1年生にも伝わるか、道具の準備は間に合うか、点数発表はいつするかなど、いろいろなことに気をつけて練習しました。

 明日、最終調整をして、本番に臨みます。

 

 

 

(6年担任 戸沢)

ご飯とみそ汁を作ろう 5年生 調理実習

今日の調理実習は

「安全」

「おいしい」

「同時に出来上がる」

を目標に行いました。

ご飯を蒸らしている時間を使ってみそ汁を作り上げ、ご飯もみそ汁もできたてを食べることができました。

トマトのみそ汁を作ったり、最後にみそ汁にねぎを盛り付けたりと工夫ある調理実習でした。

「おいしい!」

「家でも作ってみよう!」

「これなら簡単だ!」

という声があがりました。今日の目標は達成されたようです。

(5学年担任 丸山)

# 調理実習 # 米0.5合でも炊ける # 災害時にもできる炊き方 # にぼしからだしをとる # みそ汁は自分の好み # 効率の良い調理

「さけたま」プロジェクトはじまる

東葛教育会館と柏西ロータリークラブ様のご支援で、鮭のたまごを観察するプロジェクトがはじまりました。

水槽にいれられた鮭のたまごを覗いて、子供たちは興味津々でした。

2年生は国語で「さけがおおきくなるまで」を学習していますし、5年生は理科でメダカの誕生を学習しているので、教科で学んだことをさらに深めることができそうです。

また、たまごからふ化し、少しずつ成長する姿を見ることで、命の大切さにも気付いてほしいと思います。(校長 佐和)

 

 

就学時検診を行いました

来年度の1年生の検診を行いました。

小規模校ですので、ゆっくり、丁寧に実施したつもりです。

最後は、全員と校長面談を行いましたが、みんなはっきりと話してくれました。

これなら立派な1年生になれます。

みなさんの入学を楽しみにしています。(校長 佐和)

2年生 学区探検(手賀・片山地区)

 本日、3~5時間目に手賀・片山地区の学区探検に行きました。

見学場所は、手賀駐在所、南蔵院、金村商店です。

 手賀駐在所では、さすまたやぼうだんチョッキ、けいぼうなどを触らせていただいたり、

「一週間でいくつくらい落し物があるのか。」

「どんな落し物が多いのか。」

「一週間で何件くらい事件が発生しているのか。」

など、質問したりすることができました。

 

 

 南蔵院では、本堂に入らせていただき、普段見ることのできないものを見ることができました。

 

 

 金村商店では、お店の中にはどんな商品があるのかを見学し、

「一日に何人くらいのお客さんが来るのか。」

「金村商店は、何年前からやっているのか。」

「どの商品がよく売れるのか。」

などの質問をしました。

 

 

 次は、30日(水)に旧手賀教会へ行きます。

歴史ある場所なので、いろいろな発見ができたらと思います。

2年生 学区探検(布瀬地区)

 本日、3~5時間目に布瀬地区の学区探検に行きました。

見学場所は、柏しょうなん夢ファーム、百庚申、村越商店、青年館です。

 柏しょうなん夢ファームでは、

「どのくらいのお客さんが来るのか。」

「何種類くらいのアトラクションがあるのか。」

「どのアトラクションが人気なのか。」

など、とても興味をもって質問することができました。

 

 

 百庚申では、手賀東小学校150周年記念式典でも発表した場所だったこともあり、

布瀬地区の子どもたちが、友だちにここはどういうところなのかを伝えることができました。

 

 村越商店では、お店の中にはどんな商品があるのかを見学し、

「一日に何人くらいのお客さんが来るのか。」

「村越商店は、何年前からやっているのか。」

「どの商品がよく売れるのか。」

などの質問をしました。質問をしてさらに気になったことを質問する姿が

見られ、とてもうれしく思いました。

 

 

 青年館では、建物の中はどうなっているのか、どのような遊具があるのか

など自分たちで見てメモをしていました。

 

 

24日(木)は手賀・片山地区へ、30日(水)は旧手賀教会へ行くので、

そこでもたくさんの発見を見つけられればと思います。

6年生 赤・緑の食品を使ったおかず作り

 6年生は、赤の食品(おもに体をつくるもとになる食品)と緑の食品(おもに体の調子を整えるもとになる食品)を使ったおかず作りを行いました。1学期に作ったものよりもレベルが高いものが多かったので、苦戦している人もいましたが、計画を振り返ったり、質問したりしながら、おかずを完成させました。

 

 

 

 基本的にコンロが一口しかないので、一緒の机を使っている二人で効率よく作業することが必要です。今回も、一人一品作るので、一人が野菜を切っている間に、もう一人が洗い物をしたりと、てきぱきと動いていました。

 味付けはおうちの人にアドバイスをもらった人もいて、作る人が多かったジャーマンポテトも、塩こしょう、バター、チーズなど、人によって様々でした。

 

 

 

 

 

「おいしかった!」

「玉ねぎをもっといためた方が良かった」

「もう給食食べられないかも」

いろいろな感想が聞かれました。

 保護者の皆様、作り方のアドバイスや材料のご準備、ありがとうございました。

(6年担任 戸沢)

手賀東小 普段の授業

1時間目に各教室の様子を見てまわると、下記の活動を行っていました。

1年生 国語 ジャムボードでそれぞれの意見を可視化

2年生 国語 ノートに書いた意見を伝えあい友達と交流

3年生 理科 光や音を使って電気の1人1実験

4年生 算数 それぞれの問題の解き方を電子黒板で発表する

5年生 社会 自動車工場を調べて作ったカルタをみんなで行う

6年生 家庭 ジャガイモを使った料理の調理を1人ずつ行う

 

150 周年記念行事や、やまゆりマラソン大会が終わって、普段通りの時間割となっています。

祖団通りといっても、これまでよく見られていた教師の話を聞いたり、黒板を写したりするだけではなく、子供の活動を中心とした、個別最適な学びや協働的に学びとなっています。

このような学習が、普段から行われていることで、学びに向かう意欲のある子供たちを育てることができると考えています。(校長 佐和)