テガニっき 

テガニっき

6年生 今年度初めての国語

 6年生は,最初の国語で「自分に質問してみよう」を学習しました。

 友達に聞いてみたいお題をメモに書いて,くじのようにします。「今ほしいもの」,「好きな花」など,いろいろなお題が出ました。

 引いたお題について,1分くらいグループで話します。たくさん話したくて1分が短いと感じた人,話すことが思いつかなくて長いと感じた人がいました。

 今回の目標は,「友達の言葉を受け取る」ということです。「受け取る」とは,ただ聞くだけでなく,理解したり共感したりすることだという意見が出ました。相手の話を真剣に聞く姿勢が育っています。

 最後にはタブレット端末を使って,振り返りをしました。

(6年担任 戸沢)

 

 

 

始業式と担任発表

始業式では、手賀東小のすばらしい二つの伝統をつないでもらいたい、という話をしました、 

1つ目は、「自分からあいさつをすること」です。

2つ目は、「目標を持つこと」です。

あいさつについては、地域や家庭でも実践することになっていますので、上手にできましたらほめてあげてください。

目標については、1人ずつ紙に書いて校長室に持ってきてもらうことになっています。

お子さんから相談を受けましたら、

「やまゆりマラソンで100キロメートル走る」

「漢字練習を毎日15分する」

など、数値目標をいれるようご助言をお願いします。

 

そして、いよいよ担任発表です。

「どのクラスから発表してほしい?」

と聞くと、真っ先に手を挙げたのは6年生でした。

発表はたいへん盛り上がりましたし、どのクラスもうれしそうでした。

手賀東小は家族のような学校ですので、担任だけでなく全職員でお子さんのことを見守っています。

それでも、年度初めは不安なことがあるかもしれません。

ご心配な様子がありましたら、いつでもご相談ください。(校長 佐和)