ブログ

校長日記

校長:不思議な植物をもらいました

以前、登校してきた子供から、お花をもらったことを紹介しました。

今日は、不思議な植物を手渡されました。

プロペラのような形に、丸い実のようなものがついています。

おもしろいと思って持ってきたようです。

調べてみると、楓(かえで)の種のようです。

このプロペラ状の種のことを翼果(よくか)と言い、少しずつ乾燥して茶色くなった頃、風に乗ってくるくると回転して着地するのだそうです。

楓が種を飛ばすのは知っていましたが、こんな時期から種があるとは思いませんでした。

植物が子孫を残すための工夫はすごいものです。

また、子供の好奇心や発見力もすごいです。

調べたことを印刷して持っていったら、「知ってたよ」と言われてしまいました。

参りました。(校長 佐和)

校長:校長室に子供が訪問

昼休みに、5年生の子供が校長室に来ました。

林間学校の計画を立てていて、お願いがあるとのこと。

キャンプファイヤーの「マルバツゲーム」に、私に関する問題を出したいのでインタビューさせてほしいという内容でした。

林間学校では、主体性を育みたいと考えています。

当日だけでなく、準備の段階から自主的に活動できることはとても素晴らしいことだと思います。

これなら多くの学びがある林間学校になりそうです。

なお、問題については、当日のお楽しみにします。(校長 佐和)

校長:6月の全校朝礼 思いやり算

6月の全校朝礼で、下記のような話をしました。

※タブレットで動画を再生し、子供の発言をかきこみながら進めました。

 

テーマ 『おもいやり算』を得意になろう 

算数の学習では、たしざん、ひきざん、かけざん、わりざんができるように学びます。

※タブレットに + - × ÷ をかく

今日お話しするのは、算数の計算とはちょっと違うものです。

算数の計算ができるように努力することは、とても立派なことです。

それと同じように、この計算もとても大切なものです。

では、動画を見てください。

※https://www.youtube.com/watch?v=hAP1PBhWrRM

(ACジャパンのCM)

「+」は、何でしたか?

『たすけあう』

「-」は?

『ひきうける』

「×」は?

『声をかける』

「÷」は?

『わけあう』

※子供の発表を聞いてタブレットにかく

よく聞いていましたね。

これは『おもいやり算』というものです。

大津一小のみなさんは、みんな優しいですが、もっと『思いやり算』を得意になってほしいと思っています。

もう一度動画を流します。

途中で一時停止をしますので、自分ならどんなことができるか考えてみてください。

※一時停止を繰り返しながら、動画を見せる。

この動画の最後は、「それは人を笑顔にする算数」と言っています。

みんなが、『思いやり算』が得意になると、大津一小はますます笑顔がいっぱいの学校になりますね。

※笑顔の顔文字を描く。

お友達や家族、地域の方に、どんな思いやり算をしたのか、校長先生に教えてくださいね。

 

今回、教材にした「おもいやり算」の動画は、2012年にACジャパンから発表されたものです。テレビで見た記憶のある人もいらっしゃるでしょう。

思いやりの心を持つことに加え、思いやりの気持ちを「表現すること」ができる子供になってほしいと願います。(校長 佐和)

 

校長:包丁は必要?

家庭科の学習が始まった5年生が、包丁を使ってジャガイモの皮をむく学習をしていました。

包丁を使うことは、危険なこともあります。

だから、基本をしっかり学んで、安全な使い方を身につけることが必要になります。

最近は、包丁は使わないで、ピーラーやはさみだけで料理をする人もいるそうですが、包丁を使えた方が効率的で、便利な場面はありそうです。

道具は使い方しだい。

「危ないから使わせない」だけでなく、将来を見据えて子供に身につけさせたい技能の一つだと考えます。

5年生は、林間学校でカレーライスを作る予定になっています。

ご家庭でも、お子さんと一緒に料理を作ってみるのは、いかがでしょうか。(校長 佐和)

 

校長:鳥取県『学校CIO研修会』

オンラインで、鳥取県教育センター主催の『学校CIO研修会』の講師をしました。

CIOとは、Chief Information Officerの頭文字を取った略称であり、「最高情報責任者」を意味する言葉です。

つまり、学校でいうと「校長」があたります。

私からは、「情報活用能力育成に向けた1人1台端末の活用と管理職のマネジメント力」というタイトルで90分間お話をさせていただきました。

150校以上の校長先生方が参加され、チャットやブレイクアウトルームでご意見を聞くことで、各校の取組や課題を共有することができ、私自身もたくさんの学びがありました。

鳥取県のみなさま、大変お世話になりました。(校長 佐和)

 

校長:子供がNHKの取材を受けました

詳しくは言えませんが、NHKの教育番組を制作するにあたり、現在の子供たちの様子と本音を知りたいという依頼があり、6年生の子供たちがアンケートに協力してくれました。

その中から、数名がオンラインで取材を受けました。

SNSがテーマなので、大人(教師を含む)は、自分が子供の時、同じような経験がありません。

子供たちのリアル実態も、つかみにくい状況にあります。

番組制作にしても、授業にしても、「多分、こうだろう」という思い込みではなく、子供の実態を知ることは、「自分に関係あること(自分ごと)」として考えさせる上で、とても重要だと感じます。

番組が出来上がったら、「自分は、これからどうやってSNSと付き合っていったらいいか」考えさせたいと思っています。(校長 佐和)

 

校長:田植えを見せてもらいました

5年生が、田植えの様子を見せてもらいました。

詳細は、『子どもブログ』で子供たちから発信する予定です。

「学校では体験できないことをさせてもらい、ありがとうございました。」

と、お礼の言葉を言っていましたが、まさにその通りだと思います。

学びは、学校だけで完結するものでなく、学校と家庭、地域でシームレスに進めていくことが必要だと考えます。

体験からは、様々な「気づき」が生まれ、新たな課題も発見されます。

今後の「米作り」の学習に対する大きな意欲につなかったものと思います。

ご多用の中、子供たちのために時間を割いて、丁寧にご説明くださった沼南ファームの皆様、本当にありがとうございました。

特に、田植え機に乗せていただいた経験は、一生忘れないと思います。(校長 佐和)

校長:メダカのおすとめすの違い

5年生の教室をまわっていたら、メダカについて学習していたので、飛び込みで少し授業をさせてもらいました。

おすとめすの見分け方です。

「せびれ」や「しりびれ」の形は違うことが教科書に出ているのですが、どうして形が違うかは書かれていません。

そこで、子供たちに考えてもらいました。

理科では、「なぜ」という疑問がとても大切です。

みんなが意見を出しあって、その理由に導くことができました。

これがわかっていれば、おすとめすを見分けることは簡単なはずです。

理由については、ぜひ子供たちにお聞きください。(校長 佐和)

校長:聖徳大学大学院で講師をしました

聖徳大学教職大学院で、講師をしました。

学校や幼稚園等の現場から長期研修生として派遣された教職大学院院生のみなさんが対象です。

「組織管理マネジメント演習~学校経営ビジョンの明確化」というタイトルで、これまで6年間、校長として立てたビジョンや、具体的な活動を紹介させてもらいました。

現場の先生方なので、鋭い質問をたくさんしていただき、私自身もたいへん勉強になりました。

着任して一カ月半が経ち、今年度、大津一小で実現したいことも固まってきましたので、地域の皆様の支援をいただきながら進めていきたいと思っています。(校長 佐和)

校長:農家の方に支援をお願いしました

本校の教室からは、水田を望むことができます。

とても美しい景気です。

5年生は社会科で、日本の農業として米作りを学びます。

昨年度は、「バケツ稲」を行っていたのですが、せっかく目の前に田んぼがあるので、本物に触れさせたいと考えていました。

そこで、農作業をされていた方にお声をかけたところ、管理されていたのは『沼南ファーム』の方でした。

「子供たちに田植えや稲刈り等、米作りの様子を見せてもらいたい。」

とお願いしたところ、快く引き受けてくださいました。

本日は、代かきを行っていた取締役の橋本様にお目にかかることができ、短い時間でしたが、これからの農業や教育についてお話をすることができました。

「閉鎖的ではなくオープンにしていくこと、そして周りの人と関わることが大切」だという考えが一致して、楽しい時間でした。

専門的な知識や技能を持つ方の話を聞くことは、学校だけでは学ぶことができないとても貴重な体験となります。

そのために、大津一小の子供たちを、どんどん地域に出していきたいと思っています。

なお、田植えは16日 (17日 9:45-)に見学させてもらう予定です。

沼南ファームの皆様、よろしくお願いいたします。