お知らせ と お願い
  • 国の方針を受け,千葉県及び柏市は,令和5年5月13日よりマスクの着用を個人の判断にゆだねることにしました。また,卒業式や入学式においても,保護者を含め参加者全員のマスクの着用も個人の判断によるものとされました。
  • 学校だより,PTA広報誌「なかはら」の閲覧には,保護者IDとPWが必要です。
  • 学年だよりは,スクリレへの移行に伴い,ホームページへの掲載はいたしません。
新着情報
日誌

学校の様子 令和6年度

<4年生>リサイクルプラザ柏見学

 本日は先週に引き続き,社会科の学習の一環としてリサイクルプラザ柏の

見学に行きました。施設内の資源ごみ処理工場とリボン館を見学できるという

ことで,子どもたちはごみが処理される過程や,ごみが生まれ変わった姿を

見られるのを楽しみにしている様子でした。

 

 工場では,資源ごみが処理される過程を間近で見学することができました。

 紙類,ビン類,缶類など,それぞれのごみに応じた処理工程があり,子ども

たちは興味深そうに見ていました。

 

 リボン館では,施設内で行われている取り組みについての説明を聞いたり,

リサイクル品を見学したりしました。

 本来廃棄されるはずだったものを使えるようにしたリサイクル家具を見て,

子どもたちからは,状態の良さや価格の低さに驚きの声が上がりました。

 また,リユース品やリサイクル品にも見て触れたことで,ごみを資源として

扱うことの大切さを感じている様子でした。

 

 二度にわたる工場見学を通じて,子どもたちもごみ処理施設で働く方々

への感謝の気持ちや,自分にできることをやろうとする気持ちを持ち始めた

と思います。

 今回学んだことを日常に活かして,ごみを少しでも減らしていけるように

取り組めるようにしていきたいと思います。 

 

 

<4年生>プール開き

 先日,プール開きをしました。

 前から楽しみにしていた中で迎えたプール初回,子どもたちの表情も

明るかったです。

 

 プール開きは学級委員が司会として進めました。会の中で各クラスの

代表者が水泳学習の目標を発表しました。代表ではない児童も,真剣に

話や目標を聴いていました。

 

 準備運動やシャワー,水慣れが終わるといよいよ泳力検査です。

みんな精一杯泳いでいました。

  次回からはコース別での活動になります。自分自身の目標に向かって

少しずつ上達できるように指導していきます。

<6年生>ナップザック作り

 家庭科の学習では,ナップザックの制作に取り組んでいます。

久しぶりのミシンの学習なので,感覚を思い出しながら子ども達は作業に一生懸命です。

 

 ミシンボランティアの方々も優しく丁寧に教えてくださり,「世界に1つだけのオリジナルナップザック」の完成に着々と近づいています。ご協力ありがとうございます。

 

 子ども達同士で教え合い,助け合う姿もたくさん見られます。ナップザックの完成が楽しみです。

 

<5年生> Nature School in 茨城

 5年生は、6月7~8日にネイチャースクールに行ってきました。

筑波山の登山や焼きプレート体験、キャンプファイヤーなど自然に触れながら様々な体験をしてきました。

  

  

 

 

 

ネイチャースクールの活動を通して、時間を意識して行動する姿や自分たちで考えて行動する姿が多く見られ、成長を感じました。

初めての宿泊学習、子どもたちの笑顔がたくさん見られた2日間でした。

この経験を今後に生かしていけるよう、引き続き支援していきたいと思います。

保護者の皆様、ネイチャースクールに向けてご協力いただきありがとうございました。

<4年生>南部クリーンセンター見学

 本日,南部クリーンセンターに見学へ行ってきました。

 4年生はこれまでに社会の授業で,ごみの処理と利用について学習してきました。

 これまで学習してきたことを実際に見られるということで,子どもたちも楽しみ

にしている様子でした。

 

 バスに乗る時から,明るい表情がたくさん見られました。

 

 クリーンセンターに到着すると,大きなホールでガイダンスを受けました。

 職員の方の話を聴いた後に工場の紹介動画を視聴しました。真剣に聞いている様子に

感心しました。

 

 ガイダンスが終わるといよいよ見学開始です。大迫力の工場設備を興味深そうに

見ていました。

 

 工場内においてある作品は,ごみを利用して作られたものでした。元々ごみ

だったものが変身したのだと聞いて子どもたちも驚いていました。

 

 工場見学が終わると,3Dシアター体験をしました。

 ごみの視点になってごみ処理の工程を体験するもので,アトラクションのような

体験に子どもたちも大喜びでした。

 

 自分たちが普段出しているごみが,どのように処理されているのかを間近で

見られたことで,子どもたちのごみ処理への関心も高まったように感じました。

 来週のリサイクルプラザ見学も充実したものにしましょう。