増西っ子

増西っ子 令和6年度(校長室より)

校外で学ぶこと(14日に加筆)

6月に入り、校外学習に出かける機会が増えています。

7日(金)には、1年生が生活科の学習で、中原ふれあい防災公園へ公園たんけんに行きました。

「この季節の公園には、どんな植物があるのだろう。どんな生き物がいるのだろう」と、学習のめあてを確認したらクラスごとに並んで出発です。

住宅街の中なので、「楽しいけれどおしゃべりの声は小さめに、車の来る道路だから列を崩さず右側を歩こう」など気を付けながら歩きます。

公園に着いたら、さっそくクラスごとに散策です。

花が咲き、きれいに整備された公園に子供たちは大喜び。担任から、防災公園として防災の役割があることや、そのためにベンチの下がかまどになっていることなどを聞くとのぞき込んで確かめる子もいました。

 一通り見終わったところで自由時間となり、グループごとに鬼ごっこをしたり、だるまさんがころんだをしたりしながら楽しく過ごしました。青々とした芝生にごろんと寝転がり、公園での時間を満喫している子もいました。

 そして、11日(火)には3年生がバスで市内めぐりに出かけました。

3年生は、社会科の学習で、地図を見ながら柏市内の土地の様子や施設について学んでいます。

バスの中で、担任からいろいろな説明を受けると、

「大きな道路って国道6号線のことかな」

「駅の周りは、お店がいっぱいあるね」

と、気づいたことをつぶやいていました。

行った先々の施設では、柏市の文化財や特産品など、実際に見て気づいたことについて、どんどんしおりに書いていきました。

最後に訪問した三協フロンテア柏スタジアムでは、柏レイソルの選手が7人も子供たちを出迎えてくださいました。選手と話したり、一緒に写真を撮ったり、各クラスに一つずつボールをプレゼントしてもらったりと、子供たちにとっては、本当に嬉しいサプライズでした。そのあと、普段は入れないVIPルームに入れてもらい、レイソルの名前の由来やスタジアムの施設の様子について教えていただきました。

見学した翌日から、多くの試合の予定が入っているそうです。選手の皆さん、お忙しいなか、本当にありがとうございました。皆さんの活躍を、増西小から心より応援しています!

このように、校外学習では、様々なことを学びます。例えば、以下のようなことです。

・学校では、見られないことを見たり、体験できないことを体験する。

・学校で学習した知識を、自分の目で見たり聞いたり体験したりし、実際や実物とつなぎ合わせて理解を深める。

・公共のマナーを守る。交通安全に気を付ける。

・友達と協力したり時間を守ったりすることで、集団の一員としての行動ができる。

子供たちには、何をしに校外に出るのかをきちんと理解させ、有意義な校外学習になるようにしていきたいと思います。

※暑い日が増えてきました。暑さ指数を計測しながら無理のない活動にしていきます。

6年生が租税教室を行いました。

税理士の方をお招きして、「税」についてのお話を伺いました。

税金の歴史や仕組み、税金が身の回りのあらゆるところで使われていること、もしも、税金がなかったら今のような生活が送れなくなってしまうことなどを教えていただきました。特に、学校のプールの水、教室の机・椅子、黒板、校舎など、身近なものにもたくさんの税金が使われていると聞き、その大切さがよく理解できたようでした。

税金に関しては国会で話し合われることから、国の代表者を決める選挙には責任をもって行こうというお話も聞きました。

日頃、社会科の学習の中で、税金については学習していた子供たち。今日のお話を聞いて理解が深まったことと思います。

4年生が防災教室を行いました。

社会科の学習の中で、防災について学習している4年生。

その中で地域の方にお話を伺うという学習があり、今回、避難所運営等に関わっている地域の方をお招きして防災教室を行いました。

写真を見ながら、実際に増西小に備蓄してある防災用品に関しての説明を受けるなど、教科書では学べない貴重なお話をたくさん聞きました。

防災には、公助、共助、自助という考え方があることを知り、災害に向けて何をしていけばよいか考えるきっかけになったようでした。

第1回 学校運営協議会を行いました。

22日(水)10時より、校長室で実施しました。

第1回ということで、まずは、学校運営協議会委員委嘱と自己紹介をしました。昨年度から引き続き引き受けてくださっている方も多く、協議の場は最初から打ち解けたムードでした。

増西小は学校運営協議会を導入して、今年度3年目を迎えます。

学校と地域とがつながり同じ方向を見て子供たちを育てていけるよう、今年度も頑張っていきたいと思います。

 

3年生がグリンピースのさやむきをしました。

グリンピースはえんどう豆を若いうちに収穫したもので、5~6月が旬です。

3年生は、たくさんのさやから一粒一粒一生懸命ていねいに取り出していました。

取り出したものをひとつずつ数えたり、さやに5粒ずつ戻しながら数えたり、10のまとまりを作ったりと、算数で培った力も使いながら

「どのくらい取れたのかな」

と、気になる様子でした。

あとから計ってみると、取り出したグリンピースの量はなんと5㎏ほどにもなりました。

 みんなで取ったグリンピースを給食室の調理員さんに渡したら、そこから先は調理員さんにお任せです。

塩味で炊き込んで、今しか味わえないグリンピースご飯を作ってくださいました。

生の新鮮なグリンピースともち米を使った増西小のピースご飯。みんなでおいしくいただきました。

普段グリンピースが苦手な子も、一粒くらいは食べられたかな。

3年生の皆さんありがとう。調理員の皆さんごちそうさまでした。

感動をありがとう(運動会)

本日、予定通り運動会を実施しました。

新年度になって、まだ、わずか1か月半ほどです。2週間という短い練習期間で子供たちは本当によく頑張ったと思います。一人ひとりの子供たちが頑張っている姿は素晴らしく、心を打つものがありました。

運動会なので勝ち負けはつきますが、勝った人が嬉しいのは一生懸命だったから、そして一生懸命だったからこそ負けた人は悔しいのだと閉会式で話しました。どの子も精一杯体を動かし、真剣に競技や演技に取り組みました。

心と体がまた一つ成長した運動会になったと思います。

保護者の皆様、地域の皆様、温かい声援と拍手をありがとうございました。

今後とも、増尾西小へのご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

全力ダッシュで勝利をつかめ!(運動会練習が始まっています)

大型連休が終わりました。増西小では、運動会練習が始まっています。

午前中開催という短い時間での実施となりますが、力を合わせて競技・演技することの楽しさを味わったり、子供たちが自主性を伸ばし、協力・責任などの態度を身に付けていけるような行事にしていきたいと思います。そのためには、当日だけではなく、準備や練習などの過程もとても大切です。主に高学年になりますが、子供たち自身が運営に関わることなども意図的に指導に入れていきたいと思います。

 

 

 

 

 

1年生を迎える会(4月のできごと③)

30日に1年生を迎える会を行いました。増西小のフルメンバー564名で行った初めての行事です。

児童会が中心になって、いろいろな学年が関わって遊べるゲームやダンスをしました。2年生からアサガオの種をプレゼントされ、2年生から6年生の全員がお助けマンであることを紹介してもらった1年生。とても満足そうでした。

この会のいろいろな場面で、上級生が下級生に優しく話しかけたり、困っている子を助けたりする様子が見られました。子供は子供同士の関わりの中で育つ部分がとても大きいことを実感しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月のできごと②

4月のできごと②です。

24日に3年生が、学区の地図を持って学区探検に出かけました。3年生は、社会科で「学校のまわり」の学習をしています。地図記号や、方位についても学んでいるところです。学年の先生から、安全に注意することと学習として気をつけて見てくることの2点の話を聞いて出発しました。

 

 

 

 

 

 

「学校の周りは、家が多いな。」

「電車が通っているのが見えるね。」

「県道は交通量がすごく多い。」

子供たちは様々なことに気づきました。このあとさらに「市の様子」へと学習が広がっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

26日は、1・2年生が学校探検をしました。2年生は1年生の時に自分たちがしてもらったように、1年生と手をつないで優しく話しかけながら学校を回っていました。1年生は、理科室や図書室、保健室、職員室、校長室など、まだ入ったことのない部屋に興味津々で、

「これは何に使うもの?」

「あの写真の人は誰?」

など、たくさんの質問をしていました。