学校の様子 令和6年度

<6年生>総合「つながるプロジェクト」

今年度,6年生では総合的な学習の時間を中心に,

「つながるプロジェクト」と称して,国際理解教育を進めていきます。

その第一段として,まずは「日本と世界の関係」や「日本と世界の文化」について考えました。

自分たちの生活は,あらゆるところで世界とつながりがあることに気付くことができました。

また,他の国の文化や習慣を調べ,似ている部分や違う部分を知りました。

驚きとともに,もっと知りたい!と思った児童もいるようです。

 

 

さらに「世界がもし100人の村だったら」というワークショップで世界の現状を学びました。

人口比率,人口密度,地球温暖化,教育の不十分さ,貧困問題など・・・

ニュースで見聞きするだけではイメージが湧きづらいことも,自分が村人になりきることで当事者意識をもって考えることできました。

活動を通して,自分たちや世界の人々が置かれてる状況やこれから自分たちがどうすればよいかなど,

それぞれに感じることがあったようです。

   

  

 

2学期以降も,子どもたちの気付きを大切に,国際理解について学びを深めていきたいと思います。

9月には,発展途上国とオンラインでつながり,そこで暮らす人の生活や考えを直接学ぶ予定です。

<6年生>たくさんのことを学んでいます。

先月,柏市消防局の方をお招きし,5・6年生がジュニア救命士講習会を行いました。

心臓マッサージの方法や,AEDの正しい使い方を学びました。

勇気をもって行動すれば救える命があることを知り,真剣に練習に取り組みました。

 

 

今月17日は,メガロススポーツのコーチ指導のもと,着衣泳講習を行いました。

服を着た状態で水に入ると,いかに動きづらいかを身をもって学ぶことができました。

万が一,溺れそうになってしまったら,

①仰向けに,大の字になって浮かぶ。

②急に立ち上がろうとせず,落ち着いて一度頭を沈めてから立ち上がる。

③浮き具になりそうな物があるときは,おへそに近づけて活用する。

など,命を守るために必要な技能を学ぶことができました。

夏休み,水場に行くこともあると思います。学んだことを生かし,安全に楽しく過ごしてほしいと思います。

  

  

 

 

また,今月18日は,柏警察署の方に来ていただき「ネットモラル」について学びました。

スマホや携帯,各種インターネット機器は正しく使えば便利な反面,犯罪に巻き込まれて被害者になってしまったり,そのつもりはない行動で加害者になってしまったりするリスクがあることを丁寧に教えていただきました。

・ネット上でも,現実と同じく「思いやり」をもった行動が必要なこと。

・日頃から,小さなことでもルールを守る意識がとても大切だということ。

・保護者と使い方について十分に話し合い,決められた約束は守らなくてはいけないこと。

など,学んだことを忘れずに,今後もネットと上手に付き合っていってほしいです。

おうちの方も,ぜひお子様と使い方について確認していただけたらと思います。よろしくお願いします。

 

<全校児童>第2回なかよし遊び

 先日,第2回なかよし遊びがありました。

 前回と違い,今回は各兄弟学級の4,5,6年生が遊びの内容を考え,

進行しました。どの学級もみんなに楽しんでもらえるよう,工夫した遊び

を考えていました。1,2,3年生も,前回仲良くなった上級生とまた遊

べるということで、ワクワクしている様子でした。

 

 今回のなかよし遊びを通じて,兄弟学級間のつながりがさらに強く

なったように感じました。

 次回のなかよし遊びも,充実したものにしていきたいと思います。

 

<6年生>5年生へ報告会

修学旅行から帰って一か月。

現地で学んできたことをもとにさらに調べを深めてきました。

班ごとに調べたことをスライドにまとめ,5年生に向けて発表しました。

どの班も,わかりやすく伝えるために工夫を重ね,ぎりぎりまで修正を繰り返して準備しました。

 

   

当日は,堂々と発表することができ,5年生からも「すごい!」と言ってもらえました。

発表スライドを見て,来年の修学旅行が楽しみになったようです。

6年生も,うまく伝えられたことに大満足でした。

<3年生> 校外学習

 3年生は茨城自然博物館とキッコーマンもの知りしょうゆ館に行きました。

まずは,茨城自然博物館です。

動く恐竜の迫力にみんな圧倒されていました。

猿から人類への進化。

班行動をしっかりできました。写真を撮った後はお弁当です。おいしそうなお弁当ばかりでした。みんな楽しそうに食べていました。

 

次は,キッコーマンに行きました。

事前にキッコーマンのことを調べた子どもたちは,工場見学をして説明を受けたことをよく分かっていました。

今までに経験したことのない醤油作り体験には,楽しく真剣に取り組んでいました。

一日歩き回って疲れていたと思いますが,最後まで立派に行動できました。

到着の会では,事前に準備を一生懸命行った実行委員を大きな拍手で称えました。

「ルールを守って,学校では学べないことを楽しく安全に学習しよう」というめあてを達成することができ,2年生からの成長を感じた校外学習でした。

 

1年生〈公園探検〉

生活科の学習で,通学路にある名戸ヶ谷第二公園に行きました。

公園にあるものをビンゴで探したり,みんなで遊んだりしました。

ルールを守って,仲良く遊ぶことができました。秋にも,公園探検に行きます。

どのような自然の変化があるのか,楽しみです。

 

  

 

4年生「ますおの森クリーン作戦」

 6月26日に4年生は,総合的な学習の時間に「ますおの森クリーン作戦」を行ってきました。

 ますおの森付近のごみを拾ったり,落ち葉を集めたり,雑草をぬいたりしました。

 子供達はますおの森にはどれくらいのごみが落ちているかなど予想をたてて,掃除をしました。

予想以上にポイ捨てされているごみが多かったことに驚いていました。

  

 

 

 

<2年生>校外学習

 5月31日に、校外学習でアンデルセン公園に行きました。午前中は、残念ながら

天気は雨でしたが、4つのグループにわかれて、室内での体験学習をみんなで楽しみました。

 午後は雨があがり、太陽が顔を出してくれて、子供たちも嬉しそうな表情

でした。グループのみんなと公園内巡りを楽しんでいました。

 今回の校外学習では、時間を守ることや、グループのみんなで協力することなど、

いろいろなことに気を付けて頑張りました。今後の学校生活に生かしていくことが

できるよう、見守っていきたいと思います。

<4年生>リサイクルプラザ柏見学

 本日は先週に引き続き,社会科の学習の一環としてリサイクルプラザ柏の

見学に行きました。施設内の資源ごみ処理工場とリボン館を見学できるという

ことで,子どもたちはごみが処理される過程や,ごみが生まれ変わった姿を

見られるのを楽しみにしている様子でした。

 

 工場では,資源ごみが処理される過程を間近で見学することができました。

 紙類,ビン類,缶類など,それぞれのごみに応じた処理工程があり,子ども

たちは興味深そうに見ていました。

 

 リボン館では,施設内で行われている取り組みについての説明を聞いたり,

リサイクル品を見学したりしました。

 本来廃棄されるはずだったものを使えるようにしたリサイクル家具を見て,

子どもたちからは,状態の良さや価格の低さに驚きの声が上がりました。

 また,リユース品やリサイクル品にも見て触れたことで,ごみを資源として

扱うことの大切さを感じている様子でした。

 

 二度にわたる工場見学を通じて,子どもたちもごみ処理施設で働く方々

への感謝の気持ちや,自分にできることをやろうとする気持ちを持ち始めた

と思います。

 今回学んだことを日常に活かして,ごみを少しでも減らしていけるように

取り組めるようにしていきたいと思います。 

 

 

<4年生>プール開き

 先日,プール開きをしました。

 前から楽しみにしていた中で迎えたプール初回,子どもたちの表情も

明るかったです。

 

 プール開きは学級委員が司会として進めました。会の中で各クラスの

代表者が水泳学習の目標を発表しました。代表ではない児童も,真剣に

話や目標を聴いていました。

 

 準備運動やシャワー,水慣れが終わるといよいよ泳力検査です。

みんな精一杯泳いでいました。

  次回からはコース別での活動になります。自分自身の目標に向かって

少しずつ上達できるように指導していきます。