逆井小日記 令和4年度

逆井小日記 令和4年度

一人一人が自力で解決できるようにする算数科指導の追求

今年度第1回目の授業研究会でした。

本校の研究主題は「一人一人が自力で解決できるようにする算数科指導の追求」であり、学習の中で話し合いの協働学習の場面や自力で解決できる場面を大切にしています。

本日は、2つの授業を行いました。

1つめは、5年1組の「直方体や立方体の体積」の学習。複雑な形をした立体の体積を求めるためにどのようにすればよいか考えていきます。主に3つの考えが出ましたが、それぞれの共通点を見つけ合い、既習の直方体の体積に結びつけていきました。お互いに理解できるよう、伝え方を考える姿が見られました。

2つめは、4年1組の「角の大きさ」の学習。180度よりも大きい角度を分度器を使ってどのようにはかるかを考えていきます。グループ学習では、同じ考えの人の良い説明の仕方に注目したり、自分の考えと異なる考え方も理解し説明できるように注意して聞いていました。スムーズに協働学習ができていました。

授業後は、2つの授業を教職員皆で検討しました。また、教育委員会指導主事からも指導いただき、より深い学びになりました。今後の授業にも生かしていきます。

3年生の学習風景

3年生の総合的な学習の時間では、先週登った筑波山についてまとめています。

端末を使い、写真データを選び、文字を入力したりして表現しています。

また、理科ではホウセンカを観察し、カードに記録しています。

葉のギザギザした様子、丈夫な茎の様子を絵や文字で表現します。

花の中にアリがいました。アリは何をしているのか不思議に思っている子どももいました。

 

3・4年生 筑波山登山

天気にも恵まれ、絶好の登山日和でした。

お互いに助け合い、ペースをあわせながら登山をしました。

険しい山道も頑張って乗り越え、一体感を味わいました。

楽しみにしていた自然の中でのお弁当・おやつもおいしかったです。

おみやげも楽しく購入していました。

 

1年生の学習風景

音楽は、リズムに合わせて手拍子を打ったり、教室の中を移動しました。

終始楽しそうに学んでいました。

国語は、教科書「すずめ」のページを音読し、学習シートの表紙を作成しました。

教科書の写真を見て、すずめの絵を描きました。

2年生の学習風景

道徳では,どうして食事のときに登場人物のおなかが痛くなったのか,食事の時にかむことの大切さを学びました。

担任は,多くの子ども達の意見を引き出していました。また,本校の栄養士とも連携し,「ひみこの ははいいぜ」というキーワードをもとに,かむことがなぜ健康によいのかを理解していきました。

 

国語では物語「きつねのおきゃくさま」を学習しています。本文から,繰り返されていたり,似ている言葉をさがして内容を理解していきました。時に話し合いを行ったり,手作りの登場人物を操作したりして,理解をより深めていきました。