研究
田中北小学校の校内研究について
 
 ここでは,本校の校内研究についてお伝えします。
 
  2020年4月から新学習指導要領が完全実施となり,そこでは育成すべき資質・能力を明確にし,深みのある学習プロセスを重視しながら,対話を通して他者の考えを吟味し取り込み,自分の考え方をより深めていくことを通じて,豊かな人間性を育むことが極めて重要であるとされています。

 新型感染症流行による長期に及ぶマスク着用・手洗い・ソーシャルディスタンス等の新しい学校生活様式により,改訂の柱ともいえる「対話的な学び」が難しくなる中,「主体的な学び」,「深い学び」の視点からの学習過程の改善が必要になりました。
 「対話的な学び」が難しくなる中においても,本校では新学習指導要領のめざす姿を踏まえ,本年度から研究主題を「「わかる」「できる」を実感する算数科授業の創造~伝え合い,高め合う力を伸ばす指導の工夫~」として,研究に取り組んでまいりました。
 
 ここでは,研究主題が算数科となった令和2年度,3年度についてのせています。