テガニっき 

2022年7月の記事一覧

手賀東小のシンボルフラワー開花

今年も「山ゆりマラソンコース」にヤマユリが咲きました。

黄色い筋と赤い斑の入った20cmにもなるゴージャスな花を咲かせ、甘く、強い香りを漂わせています。

ヤマユリは、「ユリの女王」とも呼ばれ、「荘厳」「威厳」「純潔」「飾らぬ美」「飾らない愛」「人生の楽しみ」「高貴な品性」といった、花言葉の意味が付いています。

花の中でも、特別な花だと感じます。

手賀東小の山ゆりマラソンコースは、昭和43年(1968年)に、PTAの力で設置されました。

それ以来、ずっと大切に守られてきた花です。

日陰がちの明るい林を好むこの花は、簡単に増やすことはできないようで、近年は見ることのできる場所が少なくなってきています。

手賀東小のヤマユリは、これからも大切に守っていかなくてはならないと強く感じています。(校長 佐和)

学校見学会へのご参加ありがとうございました

令和5年度入学予定のお子さんを対象とした「入学説明会」を実施しました。

昨年度よりかなり多い、約20家族に参加していただきました。

全家族、お子さんを連れてのご参加でした。

私から、手賀東小の特色についてお話した後、校内を自由に参観してもらいました。

数名の方から、「1年生から端末を自然に使っていて驚いた」「3年生が堂々とプレゼンしていて立派だった」「高学年でも手を挙げて発表して子どもが多い」などの、うれしい感想をもらいました。

その後は、本校の保護者から、「実際に子供を入学させて感じていること」について話していただきました。

手賀東小の特色ある教育や、子供たちが伸び伸び学習や生活をしている様子が、皆様に伝わっていたことを願います。

ご参加された皆様、暑い中、ありがとうございました。

 

次回は、9月27日(火)の午前中を予定しています。

今回参加できなかった方は、ぜひご参加ください。(校長 佐和)

 

柏市小規模特認校制度(児童募集の御案内)については、こちらをご覧ください。

https://www.city.kashiwa.lg.jp/gakkokyoiku/kyouiku/tekiseka/sokibotokuninko.html

 

5・6年生 学校説明会に向けて

本日、来年度本校に入学を検討されている家庭向けに学校説明会がありました。

学校の代表として、説明会の準備をしたのですが、どの児童も気持ちよく返事をして、進んで作業をしていました。

手賀東小には、素直で心の優しい上級生がたくさんいます。入学をお待ちしています。

(丸山)

 

意味理解に重点をおいた算数学習

6年生が算数で「比」の学習をしています。

学力調査では、例年、正答率がとても低い単元です。

つまずきの内容は、比の全体の量がわかっているときに、比の一方の量を出すことができないというものです。

その原因は下記のものだと考えました。

〇文章題の意味を理解できないため、問題に手を付けられない

・比の全体の量と一方の量の関係が分かっていない。

・等しい比をつくることができない。

〇問題を解くための「見方・考え方」が身についていないため、少し問題が変わると分からなくなる

そこで、「問題の意味をじっくり考え、理解する時間をとること」「話し合いを通して、見方や考え方に気付かせること」「問題作り体験を取り入れて内容が理解できているか評価すること」にしました。

学習の大まかな流れは下記のとおりです。

小規模校のメリットを活かしながら、思考力を育む学びを行うことが、学力向上につながると考えています。(校長 佐和)

 

①出された問題を1人でじっくり読んで考えます。(十分な時間を確保します)

 ➁友達と話し合ってみます(3人組での対話で、自分の考えを整理して話したり、相手の考えを聞いたりします。)

➂問題の解き方を発表します。(答えが合っているかではなく、考え方を中心に発表します。)

④共有した「見方」「考え方」で、違う問題も解けるか試してみます。(自分が思いつかなかった考え方で解いてみます。)

➄学んだことを生かして、クラウド上で問題を作り、解き合います。(問題が作れるようであれば、自分が理解できていることが分かります。)