テガニっき 

テガニっき

手賀沼リサーチ出発しました

いよいよ,全校宿泊&手賀沼リサーチがはじまりました。
全校での「出発の会の」の後,まず4・5年生が「手賀沼環境学習」に出発しました。
この後,1・2年生が「野鳥観察体験」に,3・6年生が「魚とり体験に」向かいます。
体験活動により,探求的な学習を促していきます。(校長 佐和)

明日から全校宿泊&手賀沼リサーチ

いよいよ,明日から全校宿泊&手賀沼リサーチが実施されます。
これまで,子どもたちは,熱心に準備を進めてきました。
この行事のねらいは,大きく2つあります。
ひとつは,縦割り活動を通して異学年との交流を深めること。
もうひとつは,手賀沼周辺の調査や体験活動によって自分なりの課題を持ち,探求的な学習に取り組むことです。
天気予報では,雨もあがるようですので,充実した活動を行うことができそうです。
活動の様子は,学校ホームページでもお知らせする予定ですので,お楽しみに。(校長 佐和)

学校園に種まき




本校には広い学校園があります。
その半分には,あけぼの山農業公園さんの支援を受けてひまわり(食用ヒマワリ油づくり用)の種を,もう半分には,理科支援員の金子先生の指導でさつまいもの苗を植えました。
どちらも異学年合同の活動です。
豊かな自然環境のなかで,農業体験をもとに一人一人が課題を持ち,観察を通して解決する力を育てます。(校長 佐和)

避難訓練及び引き渡し訓練を実施しました

大きな地震を想定しての避難訓練を実施しました。
今年度はじめての訓練ですので,避難経路を覚えることと,「おさない,すばやく,しずかに,もどらない」の約束を守って,できるだけ素早く安全な場所に避難することに重点を置きました。
2016年に起こった熊本地震では,震度7以上の地震が立て続けに2回,震度6弱以上の地震が7回も起こっていることから,一次避難で自分の安全を確保した後の行動も大切だと考えます。

本日の訓練では,「校庭に避難しなさい」という放送から,人数を確認して校長まで報告があり全員の無事が確認できるまで,わずか2分12秒でした。無駄な話をしないで整列できましたし,真剣に話を聞く態度も立派でした。

地震や災害は起こらないことを祈りますが,万が一起こった場合も,訓練したことを生かして,自分の命を守れるように引き続き,指導をしていきます。
暑い中,引き渡しにご協力くださいました保護者の皆さま,ありがとうございました。(校長 佐和)