テガニっき 

テガニっき

ミニバス教室終わりました

試合が終わった後は、クタクタの様子です。
それだけ、精一杯頑張ったということだと思います。
フェアプレーで頑張った子供達に大きな拍手をおくりたいと思います。
応援に駆けつけてくださいました保護者の皆様、ありがとうございました。

ミニバス選手壮行会

ミニバスケットボール教室に出場する選手を励ます会を行いました。

本校は,小規模校で部員の数も少ないのですが,子供たちの達が立てた目標は,「全勝」です。

私からは,誰に対しても礼儀正しく,フェアプレーで全力を出しきり,対戦相手の健闘を讃えることが出来れば,たとえ負けたとしても,それは優れたものとして認められ,次に勝ち残っていく。つまり「優勝」だ。

しかし,単に点数で勝ったとしても,その逆であれば,恥ずかしい勝ち方だと話しました。

 

本校は,6年生から4年生まで,全員の部員をゲームに出す予定です。

その状況で,他校の大勢の部員の中から選ばれた選手たちに勝つことは,簡単なことではないでしょう。

でも,「優勝」をめざして,一人一人が頑張ってくれることを期待し,明日の試合を楽しみにしています。

保護者や地域の皆様の会場(柏市中央体育館)での,熱いご声援をお願いいたします。(校長 佐和)

小さな学校 大きな支援

授業参観後に,環境整備(草刈り)を行いました。
児童数は48名ですが,ほぼ全員の保護者,地域の方,学校開放で校庭や体育館を使っている方等,100名くらいの大人が集まってくださいました。
びっくりするくらいの人数です。
刈払機等を持参される方も多く,手慣れた作業で,あっという間にきれいな校地になりました。
手賀東小が,地域に支えられている学校であることを再認識しました。
本当にありがとうございました。(校長 佐和)

3年生市内巡り

社会科の学習で,3年生が市内をバスと電車(TX)でまわりました。

「柏はかせになろう」というめあてに向けて,熱心に見学をしていました。

また,本校の市内見学には,もう一つのめあてがあります。

「手賀西小・柏一小と進んで交流しよう」というものです。

手賀西小とはずっといっしょに行動し,お互いの名前も覚えるほど仲良くなりました。

市内巡りの途中には,柏一小に立ち寄り,3校がそれぞれの学校紹介をしたり,いっしょに遊んだりしました。

本校の3年生のプレゼンテーションもたいへん立派でした。

本校は,小規模校ですので触れあう友達の数には限りがあります。

そこで,今後も,このように学校間交流を進めていくことで,多様な価値観に気づかせ,友達の輪を広げていきたいと考えています。(校長 佐和)